銀行預金する時代が終わったとされる理由と根拠をまとめました。

銀行に預ける理由がなくなる?

預金通帳の残高

 

お金を保管する場所と言えば、真っ先に思い浮かべるのが“銀行”です。
銀行にお金を預けていれば、“金利”という形で預入期間に応じた利息を受け取れます。
自分で保管し、持ち歩くよりは銀行に預け入れていた方が遙かにメリットが多く、安全性の面でも圧倒的な安心感を得る人が多いのです。

 

ところが、最近は銀行に預けても「お金は増えない」という意見が多く見受けられます。
事実、昨今の預金金利は“0.001%”という低水準に落ち着いており、かつてのように金利でお金が増える可能性は圧倒的に少なくなりました。

 

また、近頃は銀行業務に携わる諸手数料に改訂の動きが見受けられます。
経済状況の変化を受けて、銀行にお金を預けることでメリット感じる人は少なくなっており、むしろ「リスク」を感じてしまう人が多くなったのです。

 

銀行の金利に募る不安感

お金と電卓のイラスト

銀行にお金を預ける行為に不安を感じる要因の1つが「金利」です。
銀行における金利とは、預け入れたお金に対して発生する利息のことで、銀行にお金を預けるメリットとして認識されていました。

 

しかし先ほども触れたように、メガバンクを始めとした銀行の金利は“0.001%”程度です。
百万円預け入れてもたった千円の見返りしかないとなると、金利の面で魅力を感じる人が少ないのには頷けます。
雀の涙程度の見返りしかないのにもかかわらず、ATMで引き下ろす際に数百円の手数料が発生する現状は、お金を預けておくことがむしろデメリットに転じてしまうと捉えられても仕方ありません。

 

>>ATM手数料の見直しが進んでいる?

 

マイナス金利でお金が減るって本当?

マイナス金利とは、預金金利がマイナスの値を示し、むしろ預金者が費用を支払ってでもお金を預けるような制度です。
日本でもマイナス金利が適用されていますが、あくまで日本銀行と民間の金融機関の間での制度であり、現状は個人規模でマイナス金利が適用されている事実はありません。

 

口座維持手数料を徴収する動きもある

お金を預けるコスト

 

銀行に対する不安感のもう1つの要因が、2020年に入り本格的に検討が始まった「口座維持手数料」です。
口座維持手数料とは、一定期間取引が全くない口座に対して徴収される費用です。
口座としてお金を保管するためのメンテナンス代金であり、金融機関で開設できる全ての口座に適用されます。

 

口座維持手数料は金融機関ごとに有無、値段等の設定がされるため、現在ではほとんどの金融機関が検討段階です。
しかし、一部の金融機関では一定の条件の下で口座維持手数料が設定されており、場合によってはお金を預ける行為が損をする原因になると考えられています。

 

お金を守るための選択肢を増やす必要がある

人によっては、銀行にお金を預けているだけでデメリットを被るような時代になりました。
これから先はお金を預けるだけでなく、投資等を活用することでお金を増やしながら守る選択肢を検討する必要があるのではないでしょうか。

TOPへ